1月22日は、スタッフと一緒に、セミナーを朝から受講してきました。講師は、愛媛県でご開業されている、糖尿病専門医の西田亙先生。日本中で講演されている超多忙な先生です。口腔の衛生状態が、命に関わるほどの事態を招いたり、日々の歯周治療が、インスリンに勝る劇的な効果をもたらすこと、さらに、口腔子宮感染症の予防を通じて、歯科医療は未来の命も守る事が出来ることを、など、歯科医療が、全身疾患と深く関わっていることを学ばさせていただきました。また、震災などの際、歯磨きが出来ないことで、肺炎になり死亡する例もあり、救急袋には、必ず、歯磨きセットを入れておくようにという事でした。

関連する記事
コメント
コメントする